行政書士の業務は未来に向かう支援と考えます。

078-945-7540

詳細ページ

専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度について

平成31年4月から、建設キャリアアップシステムの本運用が開始され、建設技能者一人ひとりの経験や技能について、業界統一のルールで把握するとともに、建設業全体として客観的に評価する仕組みが構築されました。
それにより専門工事企業が施工能力等に応じて適正に評価され、建設業界に対する安心感を醸成するための仕組みの構築を図ることで、建設技能者の処遇を改善し、もって建設業の担い手を確保することを目的とした専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度を行うことになります。
具体的には、専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関する告示(令和2年国土交通省告示第498号)を始め、専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度の適正かつ円滑な実施を図るため、専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関するガイドラインが策定されました。
今後、これらに沿って、職種毎の見える化評価基準が策定され、専門工事企業に対して4段階の評価が付与されることとなります。

専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関する告示(令和2年国土交通省告示第498号)(国土交通省)

専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に 関するガイドライン(国土交通省土地・建設産業局)

ページ先頭